English
Contact

News

「サステナブル・ブランド 国際会議2018東京」にて、エデルマン・ジャパン社長ロス・ローブリーがファシリテーターとして登壇します (2018/2/26)

Published

3月2日(金)13:30-14:45 会場:ヒルトン東京お台場

「ビリーフ・ドリブン」、それは時代の新たな購買スタンダード

ブランディングの世界においては、これまで発信にあまり予算を投じてこなかった企業のサステナビリティ。売上との関係が証明できないために、戦略的に活用しにくかったサステナビリティ。

しかし従来ブランディングを考える上で拠り所となっていたモノづくりの発想、つまり機能や品質、デザインや価格に大きな差を見出せない昨今、無理な値引きやコスト削減が、過剰労働や人員不足、データの改ざん、その他の不正行為という歪みを生んできました。おもてなしのサービス業も同じく、本当の意味での差別化に苦労しています。

そのためか、ブランドが持っている価値観や信念に基づく「ビリーフ・ドリブン」な購買が時代の新たなスタンダードになってきており、海外では、先行している企業は、既にサステナビリティをブランディングの主役に据えています。日本企業も、海外での売上を伸ばし、国内では過去最高を更新し続ける訪日外国人の記憶に残るブランドになるためには、創業時の精神に立ち返り、魂の籠ったサステナビリティをブランディングの主役に据えることを消費者も社員も求めています。

本セッションでは、以下のパネリストをお迎えし、各企業の「ビリーフ・ドリブン」な取り組みについてディスカッションをおこないます。

【パネリスト】

バリラジャパン株式会社 代表取締役 アントニー・ストリアネーゼ 様

株式会社ラッシュジャパン ブランドコミュニケーション マネージャー 丸田 千果 様

honestbee ジャパン カントリー マネージャー 宮内 秀明 様

【ファシリテーター】

Edelman Japan株式会社 代表取締役社長 ロス・ローブリー

詳細とお申し込みは、サステナブル・ブランドのウェブサイトをご覧ください。

http://www.sustainablebrands.jp/event/sbt2018

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ内容をプルダウンで選択して「送信」を押してください。