Edelman Japan Blog

Showing 1 - 10 of 26 posts.

新社長、CEO着任後の広報活動:最初の90日から100日でやるべきこととは。

/

新年度と同時に新社長やCEO(以下CEO)が発表された企業では、今はまさに株主総会で就任が承認された時期ではないでしょうか。新CEOを迎えての経営が本格的に始まり、新しい事業計画や社内体制の刷新など発表すべきことが多くある時期でしょう。新CEOはこれまでの伝統をどう継承していくのか、それともディスラプターとして新しさ、独自色を出していくのか、社員をはじめとする多くのステークホルダーが首を長くしてメッセージを待っています。

Tags:

メディアへの信頼性を取り戻すために企業がやるべきこと

/

エデルマン・ジャパンでは、世界28カ国、3万3,000人以上を対象に実施した、政府、企業、メディア、NGOの各組織に対する「信頼度」の調査結果を解説するセミナーを開催しました。この調査は今回で18回目を迎えます。セミナーでの講演内容については、当日パネリストとして参加したジャーナリストの藤代裕之さんが記事を書いてくださったので、ここでは講演後に行われたパネルディスカッションの内容をご紹介します。

Tags:

世界で闘う日本企業:2018年は、壁紙(耳)と障子(眼)の張替え時です。

/

昨年の残念ワードは「炎上」と「信頼失墜」
年末になると、大手海外メディアがそれぞれ恒例の「その年を振り返る」記事を出していたが、昨年も多くの企業スキャンダルが報じられたことは、多くの方の記憶に残っていることかと思う。その中でも特に目を引いたのが、「SNSで炎上」と「日本企業の信頼失墜」である。

Tags:

残業時間を減らすことだけが、働き方改革ではなかった?本当の働きがいは「ビリーフ・ドリブン」な購買者のニーズに応えることにあり!

/

政府が世界初の「過労死白書(過労死等防止対策白書)」を発表してから、間もなく1年が経とうとしています。ご存知でしたか。昨年、過労死認定が一番多かったのはトラックドライバーだったようです。発表から数カ月は大きな話題にならなかったドライバーたちも、ネット通販の拡大による宅配便急増が深刻な問題として報じられたのをきっかけに、突如注目の的となりました。でも、この一連の問題はその随分前から予見できなかったのでしょうか。

Tags:

エデルマン・ジャパンでのサマーインターン:外山智樹編

/

コーポレート部門インターンの外山智樹です。現在大学四年生で大学では主に国際関係や国際法を学んでいます。このブログがPR業界や外資系企業で働くことに興味がある方にとって、少しでもイメージを膨らませることができるきっかけになればと思います。

Tags:

エデルマン・ジャパンでのサマーインターン:アギラー・クライブ編

/

2017年度のエデルマンのサマーインターンに参加した立教大学経営学部3年のアギラークライブです。
僕がPRに興味を持つ理由は、広告よりも幅広い事が出来て、さらにこれからPRの必要性が高まると考えているからです。また、個人でブログを書いているのでメディアにも関心がありました。

Tags:

アートディレクター/グラフィックデザイナーが、M&Aの記者会見に潜入したらこうなった

/

「えっ、PR会社なのにデザイナー?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、聞き間違いではありません。エデルマンでは伝統的なPRの領域を超えた広報活動を行うために、総勢5名のクリエイティブスタッフを社内に抱えていまして、その中で私はアートディレクションを担当しています。

Tags:

お問い合わせ